車の査定に行ってきました。特に注意点は、見当たらないと思います

いま乗っている車を売却したいと思っているときに、

いま乗っている車を売却したいと思っているときに、査定価格を知る方法は二通りあり、どちらも長所もあれば短所もあります。一番多いのはディーラーによる下取りで、これは買い替えが大前提です。一箇所で購入と売却(下取り)を済ませられるので、足(車)がなくて不自由することはありませんが、悪い言い方をすれば「足元を見られる」ので、中古車買取業者の査定より引取り額が低くなるのは避けられません。

では中古車買取業者に査定依頼するとどうなるのかというと、一度に複数の業者が査定に参加するため、結果的に下取りに出すのに比べて査定額は高くなりやすいです。査定を受けないことには中古車の売却はできません。

ネットの見積りサイトでわかるのはあくまでも簡易査定ですので、買取業者が実際に車を見てチェックし、最終的な価格決定となります。

特に値付けに問題がなければ、車検証や自賠責保険証などの書類を整えて正式契約に至ります。

契約が済んだら車両の名義変更と引き渡しといった作業を終了したあと、買い取った業者から入金があり、すべての売却手続が終わります。個人が中古車の査定を業者に依頼する時は所有者側で何か書類などを整える必要はまだありません。ただし、実際に売却する段階になれば、必要な書類はひとつやふたつではありません。

また、役所で発行される印鑑証明書などは代理人が行けば後日郵送になってしまいますし、結婚で姓が変わった場合や現住所と書類の住所が一致しない場合は通常よりも提出書類が増えますから、先に担当者に確認しておくと良いでしょう。売却の意思が堅いのでしたら先に書類を揃えておくのも良いかもしれません。買い取り業者を利用した車査定で、特に注意するべきは、客を騙す意図を持っている悪徳業者に引っかからないことです。

こちらが納得した買い取り価格を、様々な理由をつけて後から減らしていく、契約内容を明記した書類を作ることを拒む、催促するまで入金してこなかった、等々いろんなトラブルが挙げられています。

ネットに流れる口コミ情報が、どれもこれも本物だとは考えにくいのですが、車の査定においては、世間に名前の知られた大手の業者ですら、客を欺くような対応をしてくることもまれにあるため、そういう可能性についても、覚えておきましょう。

売却予定の車に傷などがある場合には査定金額が低くなるのが一般的です。そうはいっても、それを回避しようとして買い取りに出す前に自ら直そうとするのはあまりお勧めできません。

査定前に個人で修理しても、修理費用以上にグッと査定金額がアップするとは思えないからです。

自分で直そうとするよりも、中古車を実際に買い取った後で、販売店から提携先の業者に修理をお願いした方が修理コストがかからないからというのが、査定額がアップしない理由です。中古車の下取り時に必要な書類は、やはり車検証です。

もしこれがないと、下取りに出せません。

ちなみに、フェリーを利用する場合にも必要となります。車検証というのは、すごく大切な書類です。

大事に取っておく必要があります。

また、整備記録といったものがあれば、下取り価格の上がる可能性もあります。愛車を売却したときにその場でお金を持って帰りたいときには、即金に対応している買取業者を探してください。即金対応可能と謳っていなくても、即金でお願いしますと言えば検討してくれる買取店もあるのです。

でも、即金対応してもらう場合には、足元を見られることになって査定額も低く提示されても仕方ないかもしれません。

即金で持ち帰りたいのか一円でも高く売りたいのか、自分の意見に近いのはどちらなのかハッキリさせて、後者が優先順位が高かったらその場で現金を手にすることばかり考えるのはいささか早計といえます。

業務用の車でない限り、一定以上の距離を走った自家用車は、中古車業界では減点査定の対象となります。

減点の目安としては、多走行車と言われ始めるのが5万キロ以上で、過走行車と呼ばれる走行距離10万キロ以上の車だと、中古車市場では買い手を見つけるのが難しく、ゼロ円査定も珍しくありません。ただ、車が全く売れないというものではありません。

ここは視点を変えてみましょう。過(多)走行車や事故車などを扱う専門業者でしたら、使えるパーツ単位で計算してけしてゼロ円などという結果にはなりません。

車体に傷のある車を買取してもらう場合、査定金額は下がってしまうのが一般的です。

でも、傷を直した状態で買取に持ち込んでもあまりいいことはありません。

プロの手で直してもらったとしても査定の上昇額が修理費用を上回ることはありませんし、なんとか自分で修復を試みても却って査定額が下がってしまうケースは容易に想像できます。無理に直して買取に出そうとは考えず、そのままの状態で買取査定を受けるのが結局得策でしょう。

もう既に支払い済みの自動車税が残りの月数分返却される事があり、これは一般的な普通自動車を売らずにそのまま廃車にすると税金が戻って来ます。

廃車にするのが軽自動車だったときには、廃車にしても自動車税は月割りで還付されることはないのです。しかしながら、自動車税の残り期間が相当余っている時などは、残っている税金分をプラスして買い取りしてくれる店舗もあるのです。良心的な業者があると言っても、査定の時に税金分はどうするかについて充分に説明してくれる買取店ばかりではないのが現状です。

じっさいに売ってしまう前に必ず聞いておくと良いでしょう。